News

空想地図作家・今和泉隆行と実在都市デザイナー・三文字昌也が描く
アジア都市透視展

世界に行けない時代。仕事も観光も、リモートで十分なのでしょうか。屋台から立ち上る湯気、異国の言葉が飛び交う市場、漂う匂い…何気ないまちかどの独特の空気に、その国、その地域らしさがにじみ出ている──そんな体験が懐かしい時代となってしまいました。忘れかけてきた、そんな空気を少しでも味わってほしい。そんな気持ちで作る空間です。

現地に行かないと味わえないことの重要性に、皆が気づいた2021年。空想と実在の都市の専門家──実在しない都市の地図を描く空想地図作家の今和泉隆行(地理人)と、都市デザイナー・建築士の三文字昌也が描くまちかどのイラスト『都市透視図』を通じて、アジア都市の体験に迫ります。空想の都市と実在の都市が交差する初の試みを、渋谷駅前観光案内所兼アートセンター「shibuya-san」で展示します。国際色豊かなスタッフがお迎えします。
気軽にお立ち寄りください。

2019年12月、渋谷駅前(渋谷フクラス)にオープンしたアートセンター機能を併設した観光案内所「shibuya-san」は、渋谷や東京圏の文化拠点と世界とをつなぎ、また、世界のクリエイターと「TOKYO」との関係性を広げる「ロビー」のような場所としての役目を持っています。

今回の展示は、7歳から実在しない都市の地図を描く空想地図作家・地理人こと今和泉隆行と、国内外の都市計画を研究対象としながら自らで商店や屋台をミクロに営む都市デザイナー・三文字昌也がタッグを組み、アジアの都市に着目する新企画。

空想と実在の都市に向き合う2人は、実際のアジアの都市を訪れる中で、何気ない風景の中から人々の営みや歴史、制度の背景がにじみ出ているのを嗅ぎ取ってきました。空想と実在の狭間を漂いながら、都市のまちかどの空気感や雰囲気の要素を掬い取り、各地域の違いを分解し、「都市透視図」に描きまとめる。両名ともに初めての試みを、世界をつなぐ渋谷の観光案内所兼アートセンター「shibuya-san」で展示します。

【開催概要】
〔タイトル〕
空想地図作家・今和泉隆行と、実在都市デザイナー・三文字昌也が描くアジア都市透視展

〔会期〕2021年3月19日(金)〜28日(日)10:00~20:00 休館日無し

〔トークイベント〕
3月20日(土)14時〜15時
会場定員:10名(マスク着用、手指消毒をお願いいたします)

*配信:shibuya-sanのインスタグラム
https://www.instagram.com/shibuyasan_/

*申込み:会場参加を希望の方は、下記フォームよりお申込みください(先着順)
https://forms.gle/4svLniHxp7zkPyTB6

〔会場〕shibuya-san
https://shibuyasan.jp

住所:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス1F
交通:JR、東急、東京メトロ各線、京王井の頭線「渋谷」駅より徒歩1分

〔内容〕空想地図作家・今和泉隆行と、実在都市デザイナー・三文字昌也がアジア各地の都市を透視した空想イラストの展示

〔料金〕無料

〔作家〕今和泉隆行(空想地図作家)
    三文字昌也(実在都市デザイナー・建築士)

〔主催〕shibuya-san / 合同会社渚と
〔協力〕TimeOut Tokyo