News

share on

1月18日から9日間に渡り、渋谷駅前にオープンしたアートセンター併設型観光支援施設「shibuya-san(シブヤサン)」にて、役割を終えた電化製品を新たな電子楽器として蘇生させ、あらゆる人を巻き込みながら合奏する祭典を目指すプロジェクト、和田永「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」が、期間限定で基地をオープンします。「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」は、アーティスト/ミュージシャンの和田永が中心となり2015年2月にスタート、KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭では家電の聖地・茨城県日立市にもチームが発足。東京タワー真下での祭典実施や、テックイベントなどにも登場する、古いけれど最先端なアートプロジェクトです。

今回の企画は「ELECTRONICOS FANTASTICOS! at  shibuya-san 公開集轟基地(こうかいしゅうごうきち)」と題し、和田永やプロジェクトの協業チーム「Nicos Orchest-Lab」のメンバーが日替わりで店長をつとめ、今取り組んでいる楽器制作や新たに取り組もうとしているバンド活動について語り、そこから妄想を膨らませてネクスト・ステップを探ります。トークのテーマは、SNSにて随時公開していく予定です。そのほか、バーコードリーダーで読み取った信号を直接音声端子に接続することで音を鳴らす家電楽器《バーコーダー》の演奏が常時体験可能です。

新メンバーは常に募集中! 興味のある方はぜひ、電磁の渦に巻き込まれてみてください。

ELECTRONICOS FANTASTICOS! at shibuya-san 公開集轟基地
実施期間:2020年1月18日(土)〜1月26日(日)
時間:10:00〜23:00 ※最終日は18:00まで
※バーコーダー体験演奏もできます。
会場:shibuya-san[東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス1F]
入場無料・出入り自由
 
<イベント・スケジュール>
「和田永 Kickoff Talk & Workshop」
日時:2020年1月18日(土)14:00〜
出演:和田 永、清宮陵一
内容:これまでの「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」の活動を振り返りながら、プロジェクトや各楽器の背景にある発想や方法を公開し、現在地と次のステップについて語り尽くします。幾つかの楽器を体験いただきながら、新たな可能性について参加者とともに掘りさげます。

「Nicos Orchest-Lab Open Meeting」
期間:2020年1月19日(日)〜1月25日(土)
時間:平日 20:00〜21:00/土日 14:00〜15:00 実施予定
内容:プロジェクトの協業チーム「Nicos Orchest-Lab」のメンバーが日替わり店長をつとめ、今まさに取り組んでいる楽器や活動について語ります。トークのテーマは、SNS(https://twitter.com/electronicos_f)にて随時公開予定です。
 
「和田永 × 発電研究所 Closing Talk」
日時:2020年1月26日(日)14:00〜
出演:和田 永、清宮陵一、平井有太(みんな電力株式会社)、前川久美(I JUST INC.)ほか
内容:「次は発電だ!」−「発電」や「再生可能エネルギー」の開発に携わる専門家をお招きして、トークセッションを行います。電気を生み出すところから広がる家電楽器や電磁音楽の可能性について掘り下げます。

和田 永(わだ えい)プロフィール

主催:ELECTRONICOS FANTASTICOS!実行委員会 / shibuya-san
問い合わせ:ELECTRONICOS FANTASTICOS!実行委員会
Mail:electronicos.info@gmail.com
URL:http://www.electronicosfantasticos.com

1987年東京都生まれ。学生時代よりアーティスト/ミュージシャンとして音楽と美術の領域で活動を開始。年代物のオープンリール式テープレコーダーを演奏する音楽グループ『Open Reel Ensemble』主宰。Ars ElectronicaやSónarを始め、各国でライブや展示活動を展開。2015年より役割を終えた電化製品を新たな電磁楽器として蘇生させ、合奏する祭典を目指すプロジェクト『エレクトロニコス・ファンタスティコス!』を始動させて取り組む。その成果により、第68回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
https://eiwada.com