イベント

イベントを読み込み中
  • このイベントは終了しました。

観光案内×アートセンター「shibuya-san」でアーティストが表現する観光を体験!

オープニングシリーズ第一弾参加アーティスト、L PACK.

アートセンター

【コンセプト】

芸術家売屋図(アーティストバイヤーズ)『手考足思』
――――――――――――――――――――――
ハチ公像に変わる新たな待ち合わせ名所をつくる!
そしてそれは芸術家がつくる!
そもそもハチ公像も彫刻家の安藤照の作品なんだ。
――――――――――――――――――――――
アーティストは作品をつくるために常にたくさんの情報をインプットする。そして、その情報や知識、関心ごとは不思議で少し偏っていてとても興味深い。

Shibuya-sanでは、L PACK.がセレクトしたアーティストによる観光案内を通して、彼/彼女らの視点を追体験する場を展開する。アーティストそれぞれの情報検索エンジンにアクセスすることで、新しい観光を発見していく。

 

芸術家売屋図の第一回目となる今回は、二つの都市に着目する。一つは、shibuya-sanがある東京都渋谷区であり、もう一つは新潟県長岡市である。この二つのまちを結ぶ要素はまさしく「アートセンター」である。観光と掛け合わさることで新たなアートセンターを目指すshibuya-sanに対し、新潟県長岡市は1964年に日本初の現代美術館ができた地である。アートセンターの「はじまり」のまち=長岡と、「これから」のまち=渋谷。それぞれのまちを拠点に活動する池田光宏・小木曽瑞枝とフクナガコウジが、独自のフィルターを通してまちの魅力を発信する。


イベント詳細

日時

2019年12月05日 木曜 00:00 – 2019年12月26日 木曜 23:59

会場

shibuya-san アートセンター

Google mapでみる

アーティストプロファイル

photo: Futoshi Miyagi

L PACK.

小田桐奨と中嶋哲矢によるユニット。

共に1984年生まれ、静岡文化芸術大学空間造形学科卒。アート、デザイン、建築、民藝などの思考や技術を横断しながら、最小限の道具と現地の素材を臨機応変に組み合わせた「コーヒーのある風景」をきっかけに、まちの要素の一部となることを目指す。

photo: Futoshi Miyagi